RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

竹内浩三みゅーじあむBLOG

by 竹内浩三プロジェクト
<< ひょんと青春!小津安二郎 竹内浩三 梶井基次郎 | main | すてきな書画展 >>
伊勢市空襲展で新しいコラボ!
0
    2009年8月23日
    伊勢市ハートプラザみその
    非核・平和第31回空襲展にて 浩三さんの作品を紹介する



    中村進一さん(議員)の紙芝居 読み手は伊勢学園高校演劇部の4人



    小園弥生 朗読コンサート 
    朗読は杏さだ子さん↓と 伊勢学園高校のみなさんにお願いする。



    レポート
    朗読コンサートをみなさんの温かい気が流れる中で終えることができました。この気をくれているのは浩三さんかしら、といつも思います。
    今回は、中村進一議員お手製の紙芝居を地元高校生が伊勢弁をまじえて読んだのと、紙芝居の最後に「三ッ星さん」を群読して、それにつなげて歌い始めました。
    彼女たちに私の時間に詩や手紙の朗読もしてもらいました。伊勢学園高校演劇部の4人の中に1年生の男子がひとり。部全体でも1人だそうで、この男子がまた浩三さんぽくてよかったです。
    事前に少し読み合わせができたので、実行委員でもあった伊勢青年劇場の佐藤さんの適切なアドバイスもあり、本番OK★ 若いってすばらしいと思ったことでした。
    杏ちゃんの自作「浩三さんのこと」の朗読と「筑波日記」がまた、濃ゆい時間と空間になりました。いろいろ玉手箱のように出てくるのが私は好きです。
    ありがとうございました。
    松島新さんと佐々木さんの去年つくったスライドショーも借りていって、10分ぐらいですが、途中で漫画作品などをたくさんみてもらえたのもよかったと思います。ディスク一枚は伊勢の方にもさしあげてきました。学校などに行かれるときに役立ててくださいますよう。。。

    地元では浩三さんのことがだいぶポピュラーになって知られてきたなあと、うれしくなったのと、この種まきを数年かかってしてこられ、水と肥料を欠かさなかった森節子さんのことを思い出したら会の最後はちょっと涙になってしまいました。
    (今回やっと安らぎ公園墓地に、お墓参りをすることができました。住所は「つつじ」の9番です)

    帰ってから岡田美代子さんと長電話をして、小津記念館のように
    小さい場でいいから「浩三文庫」かなにか、
    おかげ横丁の一角にぜひつくりたいね、という話をしました。
    念じていればいつかかなう。そう思っています。

    (こぞの やよい)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    グランドピアノ弾き語りは、圧巻でしたね。心地よかったです。

    私(あんず)は、午前中に5月に三輪さんと雨でいけなかった古市に、自転車をこいでいってきました。夏祭りの準備がすすむ岡本町や小田神社を通って、参宮街道へ。麻吉旅館に感動!泊まりたーーい!
    参宮街道資料館には、芸妓さんのブロマイドや、「芸妓見習い契約書」などが、ありました。
    1945年の空襲では、この古市も爆撃をうけて、麻吉旅館以外は、すべて焼けたそうです。まったく 無差別市街地爆撃の理不尽さに憤慨します。

    かなり年配のおじいさんが、係におられたので、「戦後は、遊郭はどうなったんですか」といったら、数件が、戦後もやっていて、最後の店「りゅうすい」のおかみさん「こせんさん」は、6年ほど前、NHKの「ひるどき日本」に
    出演されてすぐ亡くなられたそうです。やり手のおかみさんで、「お金もちでした」といわれました。

    伊勢市駅にもどって、タクシーで「ハートプラザ みその」へ。運転手さんは、30歳代のパソコンが趣味のNさん。
    出身は、志摩とのことやったけど、降り際に、「浩ちゃんよう3」を渡しました。

    「空襲展」は、第31回! 伊勢市と伊勢市教育委員会が、「後援」ではなく「共催」というところが、さすが三重県と思いました。


    駅前の世木神社でゆっくりお弁当をたべていて、ホールについたら 1時過ぎでした。
    舞台では、伊勢学園高校の演劇部の生徒が4人 リハーサルをしていました。自分の高校演劇部時代を思い出して、なんだか じんときました。
    中村さんの紙芝居は、去年みせてもらいましたが、プロジェクターで、大きく写されて とてもきれいで、丁寧に描かれていることにびっくりしました。

    高校生たちは、リハーサルでは ちょっと不安もありましたが、
    アドバイスを素直にうけいれて、本番では、ゆっくり 堂々と 朗読してくれて感動的でした。
    浩三さんのことをもっと、好きになってほしいから、高校生に「浩ちゃんよう3」を、渡しました。

    私は、改訂をくりかえしている自作詩「浩三さんのこと」を、今回これで改訂完結して、朗読しました。
    それから、筑波日記は、すごく迷ったけど 関西弁 標準イントネーション とりまぜで

    1月1日 1月14日 2月5日 3月8日 3月30日 3月31日 4月16日 5月19日 6月12日
    7月13日 15日 21日 26日 27日 

    を、抜粋して よみました。

    舞台から、客席をみて、浩三さんは どこにいるかなって 探してしまいました。
    森さんは、確実にいはりましたよ。

    大喜で、ビアジョッキ大を気持ちよくのんで、友人と二人で、吹上げ町を夕方散歩。
    竹内呉服店のあった(今はスーパーぎゅうとら)ところにきたら
    空に、虹がみえました。虹は、静かに広がっていって きれいな弧になりました。
    浩三さんが、笑っているような気がしました。


    (杏さだ子)

    | - | 12:42 | - | - | - | - |